新米パパの育児と介護

子育ての事や介護業界の事、日々感じてる事をブログで書きます。

介護職は安定職?

世間一般、介護の仕事と聞くと、給料安い、汚い、きつい等の3kをイメージする人が多いかと思います。あながち間違ってはいません。しかし、介護職はデメリットばかりかというと、そうでもありません。

正直、自分も介護の仕事に就こうとした時、まず始めに排泄処理が自分に出来るのだろうかと悩みました。けれど、介護の仕事を続けて行くうちに、不思議と排泄処理等は全く気にしなくなりました。

自分は、新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてしまった時に、どの仕事ならこの先、何十年も働いて行けるかと真剣に考えました。そして、安定とは何なのかを考えました。

考えている内に、本当の安定とは、有名企業に入る事ではなく、個の力を高めるか、もしくは、全国どこに行っても、需要がある職だと思いました。

確かに、大企業に入ればある程度は、安定しているのは間違いないです。でも、今の時代は、いつリストラや倒産するかわからないので、定年までビクビク仕事をするくらいなら、介護のようなどこに行っても仕事がある職の方がいいのではないかと思い、現在まで介護の仕事をしています。

そして、一番良いのは、介護の仕事を軸として、副業で他の仕事もすれば、まさに安定を得られると思っています。介護の仕事は正直、他の職業に就く際には汎用性はあまりありません。しかし、介護の仕事で安定したお金を稼ぎながら、他に副業をすれば、介護×◯◯という希少価値の高い人材になり、より多くのお金を得る事が出来ます。

介護職は現在、猫の手も借りたい程、人材不足です。求人も腐る程あります。また、優良な介護施設も探せばいくらでもあります。なので、現在職を探して、迷われている人は一度介護職を経験してみる価値あると思います。

自分も介護職を始めてから結婚もして、子供も授かったので、フリーターをしていたり、なかなか仕事が決まらない人はぜひ介護職として働いてほしいです。

介護の転職サイトもいくつかあり自分が一番使って良かったのはこちらです。

とにかく求人数が多いので、自分が働きたい求人が見つかるかと思います。

 

また、まだ介護の仕事に就くのにあまり自信が無い方は、まずは派遣で働くのも良いと思います。介護の派遣のメリットは、お金が良い、時間が選べる事です。意外と介護業界、この派遣という形で働いている人けっこういます。なので、どうしようか悩んでいる方は、まずは派遣で働いてみるのも良いかと思います。

こちらのサイトは、自分が介護施設を見つける際に、何度もお世話になりました。

こちらも同様、求人数も多く、色々な介護に関する情報も掲載されているので、大変おすすめです。ぜひ、登録してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬の上手な飲ませ方とは?

介護施設で働いていると、利用者の方に薬を飲んでもらう機会が多々あります。

高齢者や障害者の方は、嚥下機能が低下していたり、障害によって、普通に薬を飲む事が難しい方が多くいらっしゃいます。

そこで、今回、薬を飲ませるいくつかの方法があるのでご紹介したいと思います。

①手に乗せて自分で飲んでもらう。

 この方法は当たり前かと思う人が多いかと思いますが、障害等あると自分で薬を飲む事が難しい方も多くいます。また、逆に自分で薬を開けて飲まないと気が済まない方もいるので、薬を飲む時は本人と確認して行うようにしましょう。

②職員が口に入れる。

 自分で飲ませるようにすると、薬を落っことしてしまったりする方も多いので、障害状況に応じて、職員が口に入れてあげましょう。

③ご飯やおかずに混ぜる

 薬単体では飲まないのに、ご飯やおかずに混ぜてあげるとなぜか素直に飲んでくれる方も多くいます。薬だけでは難しい時には、混ぜて提供してあげましょう。

④水に溶かす

 漢方薬等、直に飲むと苦みがあって嫌な人は多いです。そんな時は、水に溶かしてあげましょう。そうすると、素直に飲んでくれる人もいます。

⑤とろみを付ける

 嚥下機能が低下していたり、中には、さらさらとした水が嫌で固形の少し固まった物なら飲める方も多くいます。一工夫してあげましょう。

⑥スプーンやストローを使用する。

 手であげると飲まないのに、スプーン等の用具を使うと、飲む利用者の方も多いです。また、漢方薬等の粉の薬は、水に含ませて飲ませる人が多いのですが、そうすると、最後に、コップの底に粉がたくさん残ってしまいます。なので、ストローを使用してみて下さい。ストローを使用すると、最後の最後にいつも残る粉が残らず、全てきれいに飲み干せるようになります。ぜひ嘘だと思って一度試して下さい。

今回、色々な薬の飲ませ方を書かせてもらいましたが、他にも色々とやり方はあると思います。なので、介護をする時には、遊び心を取り入れて、試してみる事が一番だと思います。

 

 

妊娠中で【禁煙】のお店を探したい方必見!

妊娠中の方はお店探しがとても大変だと思います。
食事制限があり、妊娠中に食べて良い物や、食べちゃいけない物など、ストレスを物凄く感じると思います。
そして、妊娠中に一番の大敵はタバコの煙による[受動喫煙]だと思います。
そこで、今回は妊娠中の受動喫煙を避けたい方の為の優良なサイトをご紹介したいと思います。
嫁が現在、妊娠中なので、タバコの煙を避けたいと思ってましたが、なかなか禁煙のお店を探すのに苦労しました。
入る店、入る店、喫煙可能なお店ばかりで、禁煙の場所を探すのは簡単ではありませんでした。
そこで、簡単に禁煙の場所を探せる方法はないのかと、インターネットで調べた所、お薦めのサイトを見つけました。その名も[禁煙スタイル]
このサイトは、禁煙の店を探している妊婦さんにとって非常にお薦めのサイトなので、ぜひ活用してみて下さい!
今の時期特に、暑い中のお店探しは熱中症の恐れもあり、身体に良くないので、このサイトを使って、サクッとお店を見つけちゃって下さい!
タバコの煙は母体にとって絶対に良くないので、禁煙スタイルのサイトを使用して、スマートにお店を探しましょう。

現役介護福祉士が教える介護福祉士試験に一発合格する秘訣とは?!

介護福祉士の試験は毎年、年一回行われていて、国家試験であり、介護の仕事で働いている人にとっては一番初めに取得したい国家資格ですよね🎵


自分は、数年前に120点/93点で一発合格することが出来ました。
今から、なぜ自分が一発合格する事が出来たのか、自分なりの方法を包み隠さずお伝えしたいと思います★介護福祉士の資格を取得したい方にとってのお手伝いが出来ればと思っています!


まず勉強方法ですが、とにかく過去問を解けば合格点に達するという人も多くいると思いますが、自分の場合は、ただ闇雲に過去問を解いていても、問題の答えは覚えられますが、本当の実力はつかないと考え、まず、自分に合いそうな良い【参考書】選びに専念しました!


参考書選びなんですが、本屋さんで吟味して、自分に合いそうな本なら何でも良いと思います。例えば、文字が大きくて読みやすいだったり、写真やイラストが多めで、わかりやすいだったり、とにかく自分で手にとって、この本なら続けられそうだなと思うものを一冊選んで下さい。

 

私のオススメはクエスチョンバンクの参考書です!

この参考書には非常に助けられました。とにかく、知識量が多く、イラストが豊富なので分かりやすく、この本1冊で参考書は十分でした。


ここで、注意してほしいポイントが一つあります。
参考書は、あくまで【辞書】みたいに使用して下さい!問題集を解いて行くなかで、わからない単語等出てきた場合に参考書を確認するといった、あくまでサブ的な役割として、活用します。自分はだいたい、試験の半年前ぐらいから、少しずつ勉強を始めて行きました。

 

次に、大まかな勉強の流れを書いていきます。

1、過去問(直近5年くらい)を解いていく
2、過去問でわからない単語等を、参考書を辞書代わりに使い、確認する。
3、問題に◯、△、×を付け、理解度の順位を付ける。マーカーペンを使用して色分けするのも良いと思いますが、あまり多用すると、逆にどの部分が重要なのかが、分かりにくくなってしまうのでご注意を!
4、模試や勉強会に参加する(模試は一回は出来れば参加されることをオススメします。自分の現在のレベルが把握出来る事と、当日似たような問題が出る可能性が大いにあります)
5、間違った問題は、なぜ間違えたのか、きちんと間違った理由を突き詰める。そして、考えずに一回で解答出来た問題は何回も解かないで、飛ばす(出来た問題は、すでに脳に定着しているので、時間の無駄になるので飛ばして下さい)

 

補足:介護職の経験がある方は、実際の自分が関わった利用者さんだったり、援助の仕方を振り返りながら解答するのは、とても有効な手段です。

 

以上が、自分が行った勉強方法です。この試験を受ける前は、実務経験もあったし、落ちる事はないだろうと甘くみていましたが、実際受けてみたら、残り時間ぎりぎりでした。

 

最後に自分なりの、介護福祉士試験を一発合格する為の秘訣を3つ記します❗
1、とにかく体調管理に気をつける。当たり前だと思う人も多いと思いますが、非常に重要な事です。なんせ、この試験年に一回なので、その日体調悪ければ、また一年後になってしまうので、本当に注意して下さい!


2、試験当日、3分考えてもわからない問題は潔く捨てる。この試験は、問題数が多いので、あまり分からない問題に時間を費やすとタイムオーバーになってしまいます。


3、一つの問題集に頼らない。介護福祉士の試験を受けてみて、つくづく思いました。正直、自分は今まで、一つの問題集を繰り返し行う事で実力が付くと思っていましたが、この試験は広く浅く知識を知っている方が良いと思います。

恐らく、自分も一冊の問題集を何度も繰り返しやっただけでは、落ちていたと思います。自分の場合は三冊ほどの問題集をあまり時間をかけずに満遍なく行いました。

 

現在、介護福祉士の試験に合格する為に一生懸命勉強されている方も多いと思います。
少しでも、自分の体験を皆さんに役立てていただきたいと思い、書かせていただきました❗

試験対策について、もっと詳しく知りたいと思われてる方は、コメント頂けたら、ご連絡させていただきます‼皆さんの合格を心よりお祈り致します。

悪阻の時の飴と炭酸

妻のつわりがひどくて困ってます。
普段は、飴や炭酸をあまり頻繁には食べたり、飲んだりしないのですが、ここ最近は飴や炭酸を良く欲しています‼
妻に色々な種類の飴や炭酸を試して見てもらった所、一番効果があった物を紹介します。
一番気持ち悪さが取れる飴は、レモン味の飴だそうです。
CCレモン味の飴は、他の果物系の飴よりも気持ち悪さが取れ、スッキリするみたいです。
また、炭酸系では、ファンタ系よりも三ツ矢サイダーを気に入っていて、いっぺんに沢山飲まないで、ちびちびと少しずつ飲んでいます‼
正直な所、妊娠中にあまり甘い物を食べたり飲んだりしていると糖尿病の危険があるので、控えてほしいのですが、あまり言い過ぎると、妻に怒られます笑。男は辛い思いしなくて良いよねと笑
でも、妊娠中は虫歯になりやすいと、医者に言われたので、やっぱりほどほどにしてもらいたいです。
妻は、初めての妊娠なので、食べて良い物と食べない方が良い物について、本やネットで毎日のように調べていますが、食事を制限されるのはやはりかなり辛いようです。
本人いわく、大好きな刺身などの生物が食べれないのが一番きついそうです。
現在、悪阻で辛い思いをしている方は、ぜひCCレモン味の飴と三ツ矢サイダーを試して下さい★

自閉症の人との関わり方について

仕事で様々な自閉症の方と関わっていますが、今でも自分の関わり方が正解なのか分からないですし、これから仕事を続けていく中で、果たして答えが見つかるかも分からないくらい、自閉症の人と向き合うのは難しいです。
自閉症の主な特徴は、コミュニケーションの障害、社会性の障害、想像性の障害と言われます。
コミュニケーション障害とは、話し言葉がない、または、話し言葉はあるが、コミュニケーションに使えない、また、相手の言っていることが分からない等です。
社会性の障害とは、他者に関心を示さなかったり、一方的な関わり方です。
想像性の障害とは時間の概念が分からない、こだわりが強い等です。
これらが、よく言われる自閉症の方の特徴です。
自分が多くの自閉症の方と関わってきた中で、効果があるのは、見通しを作る事です。
まず、自閉症の方は、次の動きが分からないとどうしたら良いのかわからなくなってしまいます。
そこで、絵カード等のイラスト付きのカードを時系列で並べていきます。次の動きを教えてあげると、落ち着いて過ごしてくれます。
特に時間的な概念に弱いので、何時に何をやると、しっかり教えてあげると良いです。
自閉症の方は、目に見える情報は理解しやすいので、写真や絵等が有効で、逆に言葉等、目に見えない物の理解が苦手です。
視覚的情報に引っ張られやすいので、作業等をする際はパーテーション等を使って、回りの目に見える情報を遮断してあげると、作業に集中する事が出来ます。
他にも、こだわりが強く、決まった事を繰り返したりします。逆に、いつもと違った事は苦手です。
毎日自閉症の方と関わっていますが、一言に自閉症といっても、人それぞれ違います。
なので、一人一人にあった支援が出来るように日々、観察し、より自閉症の方が過ごしやすいように勉強していきたいと思います。

仕事での失敗の捉え方

介護の仕事を始めて、五年近く経ちました。そして、これまでに介護以外の仕事も幾つかしてきました。仕事をしてきた中で、多くの失敗をしてきました。時には、仕事の出来なさに自分自身が嫌になることもありましたが、【視点】を変えることによって乗り越えてきました。そこで、現在、仕事で躓いていたり、自信を失っている人に少しでも立ち直って頂けるように仕事でのミスの捉え方を書きたいと思います!
まず、仕事でミスをすると、へこみますよね笑
僕も、かなり落ち込んだし、長く引きづるタイプです!でも、ある時、ふと気づきました!確かに、ミスをすると、落ち込むし、悔しいのですが、ミスしなかった時よりも確実に仕事を覚えているのです。
失敗は成功のもと、と言いますがその通りなんです!ミスをすれば、痛いし、苦しいのはしょうがないです。でも、失敗を恐れて、何もしなければ、成長もありません。
介護の仕事をしていると、失敗によって、利用者さんを亡くしてしまう恐れもあります‼
正直怖いです。でも、小さな失敗を繰り返して行く内に、だんだんと、大きな事故が起きる危険性を予知出来るようになってきました。
今、仕事で悩んでいる人は、気にする必要全くありません。なぜなら失敗は経験に変化するからです。
失敗を失敗のままで終わらせないで、必ず、その失敗から学び、次はどうしたら、失敗しないようになるのか考え、何度でも挑戦しましょう!
人生で一番恐れなくてはいけないのは、失敗をせずに、何もしないことです‼
ミスをミスと捉えるのではなく、視点を変えて見て下さい!たかが、仕事でのミスです。命まで取られるわけではありません。